上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖公会でランチタイムコンサートを味わった後、お昼を食べてから渋谷に戻り、来るときに駅で見かけたギュスターヴ・モロー展に直行しました! オーチャードホールなども併設されているBunkamuraが会場です。渋谷はめったに行くことがなく・・前回行ったのは、オペラ鑑賞のためでしたっけ。たまにヤマハで楽譜をのぞいたりとか、私の東京での滞在はいつも音楽か教会からみかも。r(^_^;)

初めての渡仏旅行の際、オリヴィエ・メシアンゆかりのトリニテ教会を訪れました。ファンではなければ訪れないような、決して大聖堂ではないのですが上品で小宮殿のような聖堂の魅力にいっぺんで取りつかれてしまいました。控えめな美しさに、うっとりと思わずため息がもれます・・。そのため息までもが美しいような錯覚におちいるのでした。この教会はまた、フランスの名器カヴァイエ・コルのオルガンがあることでも知られています。

メトロのトリニテ駅近くに、モローの生家でもあり現在は美術館になっている一角があります。旅のパートナーMさんはモローを観たかったようで別行動でいそいそと出かけたのですが、最初の旅行ではまだあまり絵画に明るくなかった私は教会巡りを優先させて(この時は、ヴィドールゆかりのサン・シュルピス教会へ行きました)何故か行かなかったのでした。その後「やはり行こう!」と思って行ったときには閉館時間か休館日で、大変後悔しました。そして今もまだパリ旅行時はその美術館には訪れていません。

日本でモローが観られる!ということで、ブリジストン美術館でシャガールを観るという予定を変更してそちらにしました。
いくつか観たかった作品が全て展示されていたわけではないのですが、それでもモローの素晴らしい作品の一端に触れて、彼の不思議なエネルギーにハートがわしづかみにされてしまったように思います。

モローは耽美的な絵画を多く描き、19世紀末絵画を代表する画家と言えます。作品の妖艶さに強く惹かれつつも、どこか反発も覚えつつ・・というのがこれまでの自分のスタンスでした。展示の最初には彼の20代の頃の自画像がありましたが、瞳の淡く深いブルーの透明度には何だか吸い込まれてしまいそうで、それはまた彼の作品全体に共通しているようにも思えました。
今回間近で彼の作品を鑑賞し、幻想的な世界を描くために実に多数の習作をスケッチしていることが理解できました。その勤勉さは、これまで抱いていた作者像を心地よく裏切るもので非常に好感を抱きました。まるでつい先ほど描き上げられたかのような油絵のリアルなタッチと、それに対して習作の水彩画は大変淡く・・個人的には水彩画が気に入りました。

有名なバプテスマのヨハネとサロメの連作の一部「出現」も展示されていましたが、近くで接してみてこれまで本や印刷では分からなかった新たな発見がありました。
この作品は途中で中断され歳をとってから加筆されたそうですが、後から加えられた建築物のアラベスク風の書き込みによって実に空間が立体的に見えるのです!
「サロメ」の物語は多くのアーティストを刺激して、オスカー・ワイルドの戯曲、ビアズリーの絵画、リヒャルト・シュトラウスのオペラ、スティーブン・バーコフの舞台・・など実に様々な表現で作品化されていて、いずれも大変芸術意欲をそそられるのです。

私がものすごく観たかった作品のいくつかは今回は展示されていませんでしたが、やはりこれはパリで観たい! 再びトリニテ教会を訪ね、その後にモローと再会したいのです。
スポンサーサイト


昨日は日帰り東京でしたが、大変濃密な「芸術の秋」を堪能してしまいました♪ 毎年忙しい秋・冬もこれで元気に乗り切れそう!という感じです。
夜にはオペラを鑑賞の予定でしたが、朝9時台の新幹線で東京へ。ちょうどお昼にランチタイムオルガンコンサートがありまして、それにあわせていそいそと出かけました。会場は聖公会の聖パウロ教会。目黒の近く、祐天寺駅で下車。東急東横線は、普段はほとんど利用しないかもしれません。
駅から教会へ行くまでの道のりは下町のような住宅街のような。グリーンをたくさん飾っているおうちが多くて、ひととき目を楽しませてくれました。

今日の演奏者は、高橋博子さん。盛岡のマリオスのコンサートでもポスターでお名前とお顔を拝見していたので、お聞きするのが楽しみでした♪ そうそう、最近の話題では、ヴァイオリニスト五嶋みどりさんの弟さんの龍さんもデビューされましたが、初アルバムでヴィターリの曲でオルガンを弾かれていたのは高橋さんだそうです。

聖堂正面に据えられた美しい辻オルガンは、ドイツ・ブレーメン郊外の歴史的オルガンのレプリカだそうです。コンサート後に教会のオルガニストが教えてくださいました。そう言えば、演奏中によい意味で音が「うなる」んですよね。あれは歴史的楽器にも似ていて心地よかったです。
高橋さんの演奏は、とても素晴らしかったです。辻オルガンはどれもそれなりにクセや特徴があると思うのですが、それをほとんど感じさせない演奏技術で、プログラムは恐らく日本初演であるらしいフランスのボネ(1884~1944)の「秋の詩 op.3」と、後半はバッハのみ。幻想的なボネと厳格なバッハを、実に見事に弾き分けておられました。とても音楽的でご自分の世界をきちっと持っておられる方でした。また別の会場でもぜひ聞いてみたいです♪
ただもったいなかったのは、素晴らしい演奏でしたのに平日のせいか観客が少なめだったことです。ちょっと残念でした・・。
133902_3434422842.jpg
2005.09.06 ギネスビール
guinnessbeer.jpg

先日の上野オフでのお話しです。1軒目は焼き肉なしの焼き肉オフ(!)、2軒目は上野駅改札口前のアイリッシュパブでした。アイリッシュと言えば、当然ギネスビール
実は私、「ギネス美味しそう♪」と思って時々いただいても何故かあの苦さが合わないのです。もったいないとは思うのですが・・。でも缶で買うよりも、ヨーロッパのパブみたいにその場で入れてもらうともっと美味しいですよね。

メンバーはこっしー、すがpapaさん、水戸っぽさんと私の4人(後でビルマ人カップルの結婚式打ち合わせを終えた連れ合いも合流)。ギネスのグラスを見て「これって、アイリッシュハープですよねぇ」と私がさり気なくつぶやいたら、皆さんどなたもご存知ない様子でその方が私はびっくりしてしまいました(笑)。
音楽やキリスト教の知識と信仰があると、ヨーロッパ文化の理解には何かと便利でもあります。言葉があまり自由ではなくても、マークやアート作品を観て理解できることが多いのです。

メニューにはKILKENNYというエールタイプのビールもあって、そちらも注文しました。かっこいいデザインの紙製コースターが付いてきて、思わず私と水戸っぽさんは大事に持ち帰ったのですが、このコースターを見ても「キルケニーは、きっと教会に関連がある!」と直感しました。この手の感はよく当たるのです。
調べてみたら、やはりそうでした☆ こちらのブログによりますと、キルケニーという街の教会で作られていたそうな・・。ベルギーのシメイビールも修道院産ですから、とてもヨーロッパらしい話題です。

・・と言いますか、今画像を撮ってみたらちゃんと「Abbey」と入っていましたね。r(^_^;)
この教会と似た建物、スコットランドで見ました
36434046_199.jpg
2005.09.02 那須登山
35068843_10.jpg

月曜日は早起きをして、1年ぶりに那須登山へ! 連れ合いの両親にとっては初めてでした。山歩きが好きだそうですが、昨年教会の子どもたちと行ってとてもよかったので誘ったら大乗り気。何かとお互いに多忙なのですが、スケジュールをやりくりして実現しました。
昨年は子ども向けに2時間前後のお気楽コースでしたが、今回は登山口~峰の茶屋~朝日岳~茶臼岳・・というちょっとハードなコースで5時間前後。
でも登山っていいですねぇ。しんどくも厳しくもあるのだけれど、頂上やポイントにたどり着いたときの爽快感や達成感はまた格別! 何だか音楽の練習や創り上げていく作業にもとても似ています。感性のみでは完成しませんものね・・。
那須は年に数回もないほどの快晴で、お陰で腕がすっかりバーベキュー状態。でも秋のコンサートはきっと半袖は着ないから大丈夫かな?(笑)

これから趣味は「登山」もいいなぁ。宮城の蔵王や福島の安達太良など、また両親たちを誘って一緒に登りたいです☆
1枚目の写真、どこか外国みたいでいいですよね!? グランドキャニオンか何かみたい。ふふ。なかなか気に入っています。
35068843_222.jpg


犬が逃げないように、連れ合いと作ってみたラティスのフェンスが気に入って、少しずつお花を育てたり飾ったりしています。
アイビーやつたの類が大好き♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。