木曜日夜の地震は、大きかったですよね。最初の大地震を思い出させるような長い揺れでした・・。でもまたまた白河の我が家は停電にもならず、ありがたかったです。ほかではずいぶん停電になられたようで、心を痛めていました。
翌日は仙台で委員会だった連れ合いは早めに休んでいましたが、さすがに起きてきました。

地震後だし、委員会はないかも・・と思いつつ、なんとなく遅い就寝になりでもゆっくりは眠れず早くに目が覚めました。止まっていた高速道路も7時半過ぎには解除になり、なんとか仙台往復は無事に守られました。でも7日にせっかく岩手の一関以北の新幹線も復旧したのに、また止まっています・・。動き始めた在来線もそうだし、かなしくて言葉もありません。特に通勤で使っている方は、本当に大変でしょうね。

教区の委員会は予定通り決行。災害に慣れてきたのか、少々の停電ぐらいでは会合は中止にしないのでしょうか。東北人はさらに強くなっているのかな!?
連れ合いのドライバーも兼ねて(この日は花粉症がかなりひどくて・・途中で運転も代わってもらいました)、両親宅の様子も見て。そしてもう1つの目的はポジティフオルガンの残りのパーツを運ぶこと。

ちょうど地震の二日前、長期でお借りすることになったポジティフオルガンのメイン部分を車で運んだのです。全部載ると思っていたら、弟のお下がりの車をフルフラットにする方法がわからず、ぎりぎりで全部載りませんでした。フルフラットの方法がわかったのは、その後でした・・。

残りは送風機&椅子の部分。ようやく昨日運んで、ポジティフオルガンは音が出るようになりました♪ 今日は午後から初めての調律。音色は2つしかありませんが、すべて木管なのでだから自分でも調律できるのかな。持ち主のM先生に教えていただいたやり方でやってみる。チューニングの機械もお借りしました。本当は買いたかったのですが、さすがに震災後のあれこれでとても買うには及ばず。
posi-5.jpg posi.jpg

パイプの配置場所によっては手が届きにくかったりして(そーっとパイプをはずしたものも多数)初めて故に四苦八苦しましたが、なんとか4時間ぐらいかけて全部の調律を終えました。どうしてもきつくて私の力では無理な部分は、最後に連れ合いにも手伝ってもらいました。
初めてにしてはまずまずかな。明日の礼拝でもなんとか弾けそうです♪

実はこのポジティフオルガン、ちょっとだけ被災しているのです。1つのパイプが壊れていて、制作者のHさんにお渡ししました。その直後、Hさんは仙台空港に車を置いて関西へ行かれたそうですが、津波で車ごと流されてしまったとか・・。その中に、ポジティフオルガンのパイプも1本入っていました。

いずれそのパイプも作っていただきますが、今は真ん中のFが鳴らないのです。でも、鳴らないFの音が地震と津波を思い起こさせます。そう思うと、鳴らない音でさえとても愛おしいです。
福島は原発のこともあって、これからますます厳しくなっていくのかもしれません。
でもそんな時だからこそ、美しいものやきれいなものを少しでも届けられたらいいな。心からそう願っています☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mtphotodiary.blog3.fc2.com/tb.php/176-91956c83