20140530224756b8d.jpg 20140530224758031.jpg
201405302247586c4.jpg 201405302247598f4.jpg
20140530224800cce.jpg

ポジティフと共に旅をしてコンサートツアー中です。
以前も震災後のチャリティコンサートでは郡山・いわき・白河・会津の4カ所で行いましたが、今回のように1回の旅で3-4回の演奏は初めてです。
運転はそうでもなかったですが、大変なのは楽器の運搬と調律でした。調律が自分でできるので敢行できたのもまた事実かな? 所有楽器はいつも自分で調理していますが、そのおかげ?でG社のポジティフも調律できるようになりました。(^-^)

秋田・鹿角では交流センター会場にて行いましたが、リハーサルと本番の響きがまったく異なり、その点ではとても苦労しました。G社のポジティフなら、もう少し響いたかな? フラワーアートとの共演は初めてでしたが、刺激的な体験でした☆ 土曜日のコンサートの報告記事です。
2014053100284207f.jpg

2公演目は青森教会にて。こちらはさながら小さな宮廷教会のようで雰囲気も響きも素晴らしい! 教会ならではの響きを堪能しました。平日の夜でしたが、お客さまの雰囲気も温かくて感謝でした。津軽のぼくしーずに運搬も手伝っていただき、本当にありがたかったです♪ 平松牧師のBlogに報告が載っています。

3公演目は明日、八戸柏崎教会にて。こちらはガルニエのポジティフオルガン。定期的にレッスンに伺っていますが、たくさん本間オルガンを弾いたあとに弾くとその違いがよくわかって面白かったです。打鍵後の反応やタッチもちがいます。ガルニエはやわらかめなのかな。
ガルニエはとてもよく鳴りますが、時に高音がきついので賛美歌のアレンジや曲によっては気をつけないと合わないものもあるのだということ。2012年秋に京都の北白川教会のコンサートでも賛美歌のアレンジが「あれ?」と思う音色もあったのも今さらのように思い出しました。 オクターヴ下げたり調整しながら練習しました。
木管は木管のよさがありますね。やわらかくて優しい音色♪

今日は三沢の教会でレッスン後に八戸へ戻り、昨日に続いて練習へ行きました。A牧師といろいろ打ち合わせているうちに、予約の人数も多くなってしまったので「思い切ってポジティフをおろしましょうか?」と。でもふたりしかいないし・・と思案して、A牧師の発案で毛布を用いて階段もなんとかうまく降ろせました! 引越し業者が使う手法だそうです。

会堂正面に置いて調律を終えたポジティフは、いつもよりもさらによく響いています♪ 響きすぎて少し心配なぐらいですが、お客さまが入ってちょうどよいのかもしれません。
ソプラノとデュオ公演は明日で最終日、日曜日午後におば宅でプライベートコンサートを依頼されていて(20名ほど来られるようです・・)それを終えたら、帰宅予定です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mtphotodiary.blog3.fc2.com/tb.php/258-f09d179b