201612051747062f7.jpg 20161205174708d95.jpg 20161205174711205.jpg
20161205174712005.jpg 20161205174900994.jpg 20161205174859e14.jpg

11月は通常のお仕事のほかに、青森での2つのコンサートと長野での研修会講師のお仕事が与えられて感謝でした。この3つのお仕事が11日間のうちに全て組み込まれていたのはかなりタイトでしたが、またしても無事に終えることができまして10月の軽井沢〜弘前に続いてレジェンド更新!? 長野と青森は気候も割と似ているし相性がいいのかな。(^-^)

11月17日は弘前学院創立130周年記念演奏会。決定したのは後期が始まりほぼ1か月強前でしたが、いつも交通費等の経費を出していただきお世話になっておりますので快諾してフライヤーも作成しました。小型アンティークオルガンでオルガンソロのみよりは共演者がいらした方がずっとよいのですが、幸いなことに聖愛高校の鎌田紳爾先生に出演していただけることになり10数年ぶりの共演でした。
宗教主任の楊先生のアイディアと願いから「学生たちにもぜひ聴かせたい」ということで、楊先生のキリスト教学とわたしのキリスト教音楽の講義受講生を対象に13時から1時間の内容。マチネ(昼間の公演)でしたが、市民にも広く呼びかけました。

当日は地元紙の東奥日報と陸奥新報の取材がありました。終演後に若い記者さんがにこにこ近寄ってきて、「東奥義塾高校で竹迫先生に聖書を習いました。真希さんの奏楽で賛美歌も歌いました!」とのお話に「わぃ~、わだば、たまげてまったよ」(笑)。連れ合いの非常勤講師生活も各地で長くなりましたが、嬉しい再会があるものですね。
鎌田先生は終演後にすぐ高校へ戻られて授業だったそうです。お忙しい中をありがとうございました! 1週間後に二人で打ち上げをして、以前の共演者でもある天国の友人やパリの話などに花が咲きました。

11日間の間に、そういえば山形のD学園レッスンと東京日帰りもありました。おぉ。どのお仕事もポイントを押さえて、大移動にもめげず(?)淡々とこなしていくのも大切ですね。
火曜日は早朝に大きな地震があり原発周辺も心配されましたが、震度の割には被害も少なくて何よりでした。午後から軽井沢経由で長野市へ。大好きなオルガンのある軽井沢追分教会へ前泊して、稲垣先生や娘さんご一家に今回も大変お世話になりました。オルガンを弾かないのはもったいなくて、夜も早朝も弾かせていただきました。感謝♪

長野市では、今年で3回連続講師担当になる北信分区の教会音楽の集いでした。長野はリードオルガンのメンテナンスをなさる和久井さんもおられますし、リードオルガンを大切に弾かれている教会が多いです。各地のご様子が伺えるのは、オルガニストとしても讃美歌委員としても嬉しいことです。画像は1つ前のBlog記事にアップ済みです。
「奏楽者の心得」についてお話させていただき、ぐーたらオルガニスト会議代表?としてまとめたことなどを。午後はレッスンでした。長野H教会ではリードオルガンレッスンの指導者を探しておられるようでした。久世牧師も天国へ召されて、貴重な方がまた旅立たれましたね。

長野から青森へ直行はこの秋2度目でした。ローカルからローカルへ移動するのは、ローカルオルガニストの極みかもしれません(笑)。弘前での通常のお仕事を終えて、週末は五所川原教会のクリスマスコンサート演奏♪ 昨年に続いて2度目のお招きで演奏者としては嬉しい限りです。何度かリハーサルに通いましたが、ようやく念願叶って20世紀以来の旧金木町斜陽館にも足をのばせました。何度観てもものすごい豪邸、貴重な建築物ですね。豪壮な故に太宰は卑屈になっていったのでしょうか・・。

五所川原教会はフランス・ケルンの1段の小型楽器ですが、最大限に活用してできることを試みました。バッハのトッカータとフーガ ニ短調 BWV565はチャレンジでしたが、サンバルなど明るい音色もあるのでペダルは16フィートはなくプルダウンですが、それなりに聴きごたえはあったのではないかな? 合唱団Apioさんとも初共演! 普段はアカペラでルネサンスものがメインだそうですが、オルガン伴奏で「主よ、人の望みの喜びよ」は特にローカルでは至福ですね♪
なるべく知っている曲を盛り込みつつ、楽器本来のよさが出る選曲にしました。それでももっともっとポピュラーな曲も聴きたいんだろうなぁ。いつか子ども向けの枠もあってもよいのかもしれませんね。各地で継続させていただくお仕事は、地域の様子を少しずつ理解しつつ担当者やまわりの方とも親しくなるので様々な気づきがあります。
今年何度目かのピークとも言えるお仕事を無事に終了できて、心地よい疲れと共に12月に突入しています。

20161205174901323.jpg 20161205174902f20.jpg 201612051749045f9.jpg
201612051749590cd.jpg 20161205175002c1a.jpg 201612051750018e6.jpg
2016120517500329e.jpg 201612051750058f2.jpg 20161205175032a62.jpg
201612051750336d8.jpg 2016120517503565e.jpg 20161205175036665.jpg
20161205175038118.jpg 20161205192023815.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mtphotodiary.blog3.fc2.com/tb.php/286-bea92259